風俗の歴史

風俗の歴史は古くそれは巫女が活躍した時代まで遡る。
風俗の原点は巫女が儀式として行った歌や踊りが、
客をもてなす接待としての芸に変わりやがて今の風俗が生まれた。
そしてそれを商いとして国が合法的に公認したのが遊郭だ。
遊郭では売春まで行われいたわけだが、
実は1958年に廃止になるまで赤線エリアと呼ばれる女郎屋では
公然と売春は国が認めてきたのだ。
もちろん現代の風俗は本番行為は禁止されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>